ハイヤーをおすすめする利用シーン

ハイヤーをビジネスや法事、観光で利用してみたいという方は多くなっています。しかしハイヤーは高級なイメージが強いため、実際どれくらいの料金がかかるか気になるところでしょう。ハイヤーは車が会社を出て、お客さんを運び帰社するまでの間料金が発生します。そして、選んだ車種の料金と走行時間から計算されることが多いです。

ハイヤーの料金は、基本料金に諸費用が上乗せされるシステムとなっています。午後10時から午前5時の間に利用すると深夜料金が2割増しで追加されることもあります。さらに有料道路を使用すれば、その分の実費が必要となります。外国人向けに英語が話せるドライバーを利用した場合は指名料が発生するケースもあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

月や年単位の定期契約となると、移動距離に応じて計算されます。定期契約は、時間帯や頻度を指定できるなど個々の都合に合わせられるため便利です。電車移動が苦手な方など、定期契約をするとハイヤーが毎朝自宅までお迎えに来てくれるため、ストレスフリーで移動できるようになるでしょう。

ハイヤーの料金を安く済ませたいなら、大人数で利用して合計金額を割り勘にする方法があります。観光の際にそのような使い方をすると、快適でありながらもお得であるためおすすめです。また、旅行プランとセットになっているキャンペーンを利用する方法もあります。ツアー形式であれば自分たちで旅行プランを立てる手間も省け、効率的な旅が叶います。

ハイヤーを貸し切って、友達や恋人の誕生日をお祝いするような使い方もあります。会社によってはお祝いにぴったりな特別サービスつきのプランもあるため探してみるとよいでしょう。具体的には、景色のキレイな場所で撮影してもらえたり、シャンパンのプレゼントがついたりといったサービスとなっています。運転はドライバーに任せられるため、レストランでアルコールを飲んで帰り道にウトウトしてしまったとしても、自宅まで安全に送りとどけてくれます。参加者全員でお酒を楽しめるのは魅力的なポイントのひとつです。

ハイヤーの利用料金が気になる方は事前に見積もりを取るとよいです。見積もりを出すには日程や場所を伝える必要がありますし、利用シーンも聞かれることが多いです。見積もりは会社に直接電話をするか、専用のフォーマットに入力するなどの方法で依頼できます。忙しい方はいつでも見積もりをとってもらえる24時間受付の会社をチェックしておきましょう。支払方法としては現金だけでなく、クレジットカードが使える会社も多くなっています。